大分市ポルトソール商店街振興組合

ポルトソール商店街

2011-03-17-13-54-28-3933.jpg

ポルトガル語で“夕暮れ時”の意味を持つ商店街

大分市の中心市街地で、JR大分駅から徒歩5分に位置し、中央通りと遊歩公園までを結ぶ東西約400mと南北に2本の通りを含め約130店舗で商店街が構成されている。
商店街には、市の公共施設であるコンパルホールやトキハ会館、ホテルや金融機関の他病院等もあり、これらが集客施設にもなっている。
当初は物販の店が多かったが、近年は飲食関係の店も多くなってきている。
商店街の名称である『ポルトソール』とは、ポルトガルと交流の深い府内町の歴史にちなんで付けられたもので、ポルトガル語で“夕暮れ時”の意味である。
平成6年3月に、日本ポルトガル友好450周年記念事業の一環として、『ポルトガル風街づくり基本構想報告書』の作成に基づき、ポルトガルにちなんだ街づくりや「南蛮行列」・「サンバカーニバル」等のイベントに取り組んできた。

2011-03-17-13-54-28-6763.jpg

ポルトソール商店街のあゆみ

  • 平成5年6月  大分市ポルトソール商店街振興組合 設立(会員数:92)

主な年間事業

事業内容
設立当初はイベント等独自事業が多かったが、近年は府内協議会と連携をし、七夕まつりや屋台村の開設等に取り組んでいる。
また、平成25年10月に旗揚げをした劇団『ぶんご・ふない座』にも参画している。

商店街スナップ

_NowPrinting_p08.jpg_NowPrinting_p08.jpg_NowPrinting_p08.jpg
_NowPrinting_p08.jpg_NowPrinting_p08.jpg_NowPrinting_p08.jpg

商店街概要

名称

大分市ポルトソール商店街振興組合

理事長

工藤 英二

住所

〒870-0021
大分市府内町1丁目4番28号 大分信用金庫/府内町支店 内

電話

097-535-1100

FAX

097-535-1351

会員

52組合員