別府銀座商店街振興組合

別府銀座商店街

beppu_35.jpg

虹のアーケード

JR別府駅前通りと流れ川通りの間、延長292m・幅5.5mの商店街。
アーケード建設当初は、物販と土産物店が主体、修学旅行生が多く来ていた。
ホテル・旅館が館内に土産物販売店・スナックを完備し始めて、商店街の様相が変わって来た。
現在は、飲食店が45%を占めている。
昨今は、経営者の高齢化・後継者不足等問題が山積している。

別府銀座商店街のあゆみ

  • 設立年月日
    • 1975年(昭和50年)8月18日
  • カラー舗装
    • 昭和45年2月完成(工費:170,000千円)
  • アーケード
    • 昭和30年 建設
    • 老朽化により改築 昭和52年9月着工
    • 昭和53年2月 虹のアーケードとして完成
    • 総工費:132,000千円(国の高度化資金助成金含む)

主な年間事業

4月
別府八湯温泉まつり時にミニイベントを実施し、別府市の行事に参加。
12月
冬の祭典(冬の花火大会)時にミニイベントを続けている。

商店街スナップ

_NowPrinting_p08.jpg_NowPrinting_p08.jpg_NowPrinting_p08.jpg
_NowPrinting_p08.jpg_NowPrinting_p08.jpg_NowPrinting_p08.jpg

商店街概要

名称

別府銀座商店街振興組合

理事長

松山 九州雄

住所

〒874-0944
別府市元町4番13号 井上デンキセンター 2F

電話

0977-22-5595
FAX
0977-22-5595

Mail

solpasao@ctb.ne.jp

会員

65組合員